レオパードゲッコー|ヒョウモントカゲモドキ|ヤモリ

レオパードゲッコー|ヒョウモントカゲモドキ|ヤモリ|爬虫類|Leopard Gecko|Geckolog Herp

EXO-TERRA MONSOON

ビバリウムの湿度管理に霧吹きは欠かせません。概ね朝と夜に霧吹きをすれば問題ないことが多いのですが、それでも数日間お世話ができないとき、植物の要求を適切に満たすために自動噴霧器を検討したくなります。

自動噴霧器を探しているとZoomed REPTIRAINがありましたが国内では在庫切れが多く入手に時間がかかりそうでした。どのみち時間が掛かるのであればと海外サイトなどを探すとMistKingというものが良さそうでしたが、オールインワンでもう少し手軽そうなものはないかと探しているとEXOTERRA MONSOON RS400という製品がありました。日本では未だリリースされていない製品でしたが試しにAmazon.comで購入してみました。

monsoon_rs400_01

意外と容量は大きく 約35-20-20(H-W-D )cm

 

プラスチック製の水容器の底にはゴム脚がついていて安定しています。上蓋がコントローラになっていて、電源をオンにするとスムーズに水を吸い上げ、上蓋上部に接続したノズルの先端から勢いよく水を噴霧してくれます。噴霧される水は霧吹きほどには拡散されませんが、空中で小粒子状になりやすい程よい感じです。

コントローラは、オン/オフ/サイクルの3つのモードスイッチと2つのコントロールノブ(cycle/duration)というシンプルな設計。

monsoon_rs400_02

MONSOON RS400 コントローラユニット

オフは噴霧停止なので使わないときに選択します。オンは噴霧し続けるモードなので湿度制御器と併用するときに選択します。

サイクルは2つのコントロールノブにより自動的に噴霧のオンオフを制御するモードなのでこれ一台でも実利用できそうです。噴霧の間隔と持続時間はcycleとdurationで設定します。

cycleはオンにする時間間隔を設定します。2時間おきにオンにする場合は2の位置に合わせるだけ。24まで設定できます。dulationはオンになり噴霧が始動してから噴霧を終了するまでの秒数を設定します。2〜120秒まで設定可能です。

問題は電源ですが、北米仕様の製品なので付属のACアダプタは交流120V 60Hzです。一応試運転では家庭用100vで動かしましたが、メーカーのサポートしていないところですので何かあっても自己責任です。

ちなみに、オンモードで併用する場合のサーモは湿度に対応した製品は少ないようです。その一つがこちら。

hygrotherm

Zoomed HYGROTHERM