レオパードゲッコー|ヒョウモントカゲモドキ|ヤモリ

レオパードゲッコー|ヒョウモントカゲモドキ|ヤモリ|爬虫類|Leopard Gecko|Geckolog Herp

New baby !! – 26th

ここのところお世話に忙しくしていて、ちょっと更新が滞っていました。

当初は孵化をすべてアップしようと思って始めたので、タイトルやURLに番号を付けていたのですが、現状は紹介した数になってしまっています。番号付けた事にあんまり意味はなくなっちゃってますね。

すべては紹介しきれませんが、いろいろハッチしています!

先ずはRadarグループから2匹のSnow Radar。この雌親からは初のハッチになりました。Het Radar同士の親から二匹揃ってEclipseというのは可能性としてもちろんあるわけですが都合良すぎる感じがしますよね。実はこの雄親はHet Radar扱いで譲り受けたのですが目はスネークアイ(Eclipse表現に含まれる)のような表現を持っているためBanded Snow Radarといえるのかもしれません。別の雌親との交配結果からみてEclipse率が高いので気にしていたのですが、今回の結果から更にその可能性が強くなったと考えています。判断するにはもう少し結果を集める必要があります。

Igatof1306_20130621_02p

2013/06/21 Mack Snow Radars
♂ Mack Snow Bell Het Radar (Geckos ETC)
♀ Eclipse Het Radar (Geckos ETC)

その別の雌親からはJungle Radarがハッチしています。このペアから既にハッチしたのは次の4匹です。Mack Snow, Radar, Bell Albino, Mack Snow Eclipse. なのでEclipseの出現率は60%、前の雌親の結果も含めると71%となります。

Igona1307_20130620_04p

2013/6/20 Jungle Radar
♂ Mack Snow Bell het Radar (Geckos ETC)
♀ High Yellow het Radar (Geckos ETC)

ちなみにこの子は採卵後1週間くらいで卵殻の片側側面と底面ががっつり凹んで一部青カビの攻撃を受けていました。諦めても無理はないところだったと思いますが、幸い発見が早くカビの量は少なかったため懸命にケアをしました。その後の数日間カビの再発がないことを確認できましたが、相変わらずがっつり凹んだ状態です。しかしカビの再発を防げているということは生きている証でもあると考えて丁重に様子をみました。採卵から40日経過すると少し凹みが戻ってきていることが確認でき、55日目には完全に楕円形状に戻り59日目に孵化したのでした。

卵は同じ管理をしていても個々の卵の状態や特定のペアによって孵化率が低いことがあります。ダメになりやすいケースでいかに孵化率を上げていくか、今回の件で経験を積み重ねる必要があるなと考えさせられました。

それと、新しく試していた孵化器(G.E.O)からも問題なく無事にハッチしました!

kinkin1305_20130621_01p

2013/6/21
♂ TUG Snow Lavender Stripe (The Urban Reptiles)
♀ TUG Snow (The Urban Reptiles)