レオパードゲッコー|ヒョウモントカゲモドキ|ヤモリ

レオパードゲッコー|ヒョウモントカゲモドキ|ヤモリ|爬虫類|Leopard Gecko|Geckolog Herp

Blue belly (Leopard Gecko)

お腹の青いレオパードゲッコーについては高名なロン・トレンパー氏が最初に記事を出していて、初めてそれを見たときはただただ本当に驚きました。現在も氏のウェブサイトで異なる2匹の写真を見る事ができます。

また今年6/5にレベッカ・ハスラー(Dragoon Gecko)女史がFacebookでそのハッチを公表して写真をアップしていました。

上記の例はアルビノと思われる個体のためか蛍光色の青色が非常に美しいのですが、これらは成長とともに消失する、また長くは生きられないというメッセージが散見されます。

それが本当だとしたら残念なのですが、こういうった色を表現する遺伝子が存在するとしたら貴重な発見ですよね。

 

そしてGHのファームからもそれっぽいものが出現しました。これまでの例と異なるかもしれないのはアルビノではないという事です。そのためかやや発色は前述の海外ブリーダーのものと比べて弱いように見えます。

 

GHCB13_BlueBelly01_20130706_03p

Blue Belly (hatched 2013/6/28)

 

そもそも海外ブリーダーの発表する顕著な発色のものと同類のものかどうかも判りません。ですがほとんど多くのベビーのお腹からはこのような発色が見られないことは確かです。

ハッチ後すぐに気付けば良かったのですがハッチから8日目の7/6の発見でした。ハッチ時の体重4.7gとかなり大きい方で今のところ健康に問題はなさそうです。