レオパードゲッコー|ヒョウモントカゲモドキ|ヤモリ

レオパードゲッコー|ヒョウモントカゲモドキ|ヤモリ|爬虫類|Leopard Gecko|Geckolog Herp

GRUB PIE / REPASHY SUPER FOODS

 

ヒョウモントカゲモドキにも与えられる人工フード、グラブパイの取り扱いを始めました!

初回なので数量限定ですが、全国送料一律¥510でお求めやすい価格になっております。ご興味がおありの方はこの機会にいかがでしょうか。

ご購入はこちらからどうぞ。

 

今まで、ヒョウモントカゲモドキ向けの人工フードは、販売されてはいましたが嗜好性などの問題であまり普及が進んでいませんでした。

ニーズはあるはずなのになかなか食べてくれる人工フードがリリースされない中、レパシースーパーフーズシリーズから発売された「グラブパイ

こちらの商品がよく食べてくれる!と反響を呼んでいたので遅ればせながら使用し始めました。

以下は作成の流れになります。

 

RSFuse_01 RSFuse_02

ボトル後ろ側に、使用方法や保存の際の注意点などが細かく記載してあります。

 

RSFuse_03

赤い蓋と中の密封してある紙を開くと、粉末の中に赤いスプーンが埋まっています。

開封後は、湿気を避け冷暗所保管で2〜3週間以内に使いきってください、と説明にはあります。

 

RSFuse_04

付属のスプーンを使用しても良いのですが、たくさん作りたい場合などは目盛りのついた耐熱容器を使うと手早くつくれます。

 

グラブパイとお湯(熱湯)を混ぜる体積比は1:2もしくは1:3です。今回は1:3で作ってみました。

RSFuse_05

グラブパイ粉末に熱湯を流し込みます。

もわっと広がる濃縮コーンスープのような匂い(個人的な感覚ですが、、)

RSFuse_06 RSFuse_07

熱いうちに手早くしっかり混ぜます。塊や気泡が入っていると切り取って与える際に、ぽろっと崩れたりしますのでなるべく無くしておきます。

 

RSFuse_08

塵、ほこりが入らないように蓋をして、冷まします。

常温まで冷まして完成です。寒天ゼリーのようなものが出来上がりました。

早く冷ましたい方はステンレスなどの調理用バットに流し込むと良いそうです。

 

説明には、清潔な状態で作成、密封すれば冷蔵で最大2週間まで、冷凍は半年保存可能。カットをしたり、手で触れたりした場合は、1両日中(1~2日)に消費することを推奨します、とあります。作るのにそれほど時間はかかりませんので作ったら早めに消費するのが良いのかもしれません。

 

今回は粉液比1:3で作成しましたが、カットが薄いとピンセットでつまんだ際に重みで崩れることがありましたので1:2〜2.5くらいの固さにしてみても良さそうです。

 

与えた結果ですが、評判通りほとんどの個体が食べてくれました!

中には匂いが気に入らないようなそぶりを見せる個体もいましたが、食の細い個体がもりもり食べてくれたのが想定外の嬉しいことでした。単食はまだデータが少ないため推奨されていませんが、普段使いはもちろん、うっかり餌を切らしてしまった時や、非常時の餌としてストックしておくのもオススメです。

ご購入や詳細はこちらからどうぞ。

肝心のフィーディング中の画像ですが、撮影するのを忘れてしまったので、また後日upしたいと思います。